インプラント 福山 広島 歯科 治療 CT 手術 アフターケア

HOME  >>  インプラント治療について

インプラント治療について

治療を受ける前に

入念な検査と治療計画を立てることが大切です。安全に、そして長い間快適にインプラントをご使用いただくため、当院では入念な検査を行い、患者様と一緒に治療計画を立てていきます。

■安全上インプラントできないケース
・糖尿病で血糖値のコントロールが悪い
・重度の肝疾患
・心不全を伴う重い心臓病
・血液透析を受けるような重度の腎疾患
・その他の病気
(コントロール不良の高血圧症や感染に弱い持病のある方、重症の骨粗鬆症で骨密度が異常に低下している人)

当院では、少しでも危険性があると判断した場合は、専門医の意見を求めますので、持病の申告をお願いします。いくら機能性も審美性も兼ね備えたインプラント治療を受けたいと願っておられても、リスクを侵してまで行う手術ではありません。

HOMEpagetop

インプラント手術法

インプラントに必要な検査(レントゲン、歯周病の検査等)を行い、インプラントが可能はどうか診断します。その後治療計画を立てます。

局部麻酔後、歯の根に相当する部分(フィクスチャー)を顎の骨に埋入します。手術時間は本数にも異なりますが20分~60分程度です。

骨とインプラントがしっかり結合されるまで1~3ヶ月設けます。期間は骨の質になどにより個人差があります。この間に必要に応じて仮歯を入れることもあります。

インプラントの上部構造を装着し、型をとります。
後日(7日~10日後)、来院して頂き、人工の歯を装着して完成です。

・インプラントを埋入手術時にインプラントの頭の部分を粘膜の内側に入れて終了する。 ・インプラントと骨が密着するのを待つ。   ・インプラントの頭の部分を粘膜の外に露出させる手術を行う。   ・被せ物を作成する。
HOMEpagetop

手術後のアフターケア

インプラントの手術後の注意事項
手術後の注意事項としては一般的につぎの項目があります。
インプラントの手術後は数日間安静にすれば通常の生活をしていただいて結構です。
ただ、インプラント手術は些細といっても外科治療ですし注意するに越したことはありません。

■手術直後の注意事項
・インプラント手術1時間後麻酔の影響があり感覚が鈍くなっています。誤って唇や頬を噛んでしまったり飲食時に火傷をしてしまうことも有り勝ちですのでご注意。
・麻酔がきいている間は、誤って舌・頬・唇を咬んでしまいますので、食事は摂らない。
・オペ当日は唾液に血液が混じってしまうこともありますので傷の直りが悪くなることも有るのでインプラント手術当日はうがいをしない。
・翌日からは処方されたうがい薬を使い切るまで毎食後うがいをする。
・歯磨きはインプラント手術当日から歯だけを磨く。歯ブラシにはうがい薬の原液を1滴付ける。
・インプラント手術から1週間、飲酒や香辛料の強い食物はとらない。
・過度な運動やお風呂は控える。(シャワーは可)
・自宅では患部を冷やさない。
・投与された薬は指示通り服用し、もし異常があれば中断して担当医に連絡のこと。
・インプラントは歯ぐきを通常よりも清潔・健康に保つことが大切ですので、今後はより丁寧に歯磨きをおこないましょう。
・2週間程度は、や喫煙などは控えて体調を整える。

■治療後の定期検診
インプラントの治療終了後は、半年から1年に1回の定期検診を必ず受けて下さい。各部ネジの締まり具合の点検や噛み合わせの調整を行います。
また、ご自宅でも自分の歯と同じように正しい歯磨きを通してのプラークコントロールを行って下さい。インプラントを長く快適に使っていただくためにも、しっかりとアフターケアを行うことが大切です。

Copyright (C) Blanc Dental Clinic. All rights reserved.